インドアスカイダイビングが超面白い!埼玉でもオープンする施設はドイツでも人気!

この記事は2分で読めます

この春、日本でも埼玉の方でオープンのするインドアスカイダイビング。
あなたはドラゴンボールの孫悟空のように空を飛んでみたいと思ったことはありませんか!?ちょうど今、息子がドラゴンボールにはまっているので家族で体験してきましたが、かなり楽しい体験でした。非日常を味わえる面白い体験なので興味ある方はぜひ体験してみてくださいね!

スポンサーリンク

ドイツではどこでインドアスカイダイビングを体験することができるの?

ドイツでは香川選手が活躍するドルトムントでインドアスカイダイビングが体験できます。
その周辺には室内スキー場や室内スノーボード、ローラー滑り台などもありますので、近くに来る予定の方は泊りがけで遊びにいってもいいですね。

スポンサーリンク

飛ぶ前に準備すべきことは?

耳栓、ゴーグル、ヘルメット、服を貸してもらえるので、着替えてからビデオを観ます。
そして、耳栓しているので、「足を伸ばして」、「足をまげて」などのジェスチャーを覚えます。
このときに一番重要だと言われたことが

リラックスして楽しむこと!!

ということでした。
でも、これがなかなかできない人が多くて、緊張とみんなに見られるというプレッシャーからか「足をまげて」のサインを出しても曲げない人なんかもいてかなりテンパっている様子。

「リラックスが大事っていってたじゃん」と思いながら、いざ空気の循環するトンネルのなかに入ると私も同じようにテンパりました(笑)

だって下が金網なんですよ!それに、みんなが見ているというプレッシャー・・・ほんとに心の準備をしておかないと2.3分しか体験できないので、緊張している間に終わってしまったなんてことになりかねません!

実際に飛んだ感覚はやっぱり、水に浮くのと同じでリラックスしないと沈んじゃうんですね。金網すれすれのところで低空飛行になったり、インストラクターさんの手を離れて上に浮いたりと、ほんとマンガみたいな光景でした(笑)

最後にはインストラクターさんがグルグル回ったり、逆さになったりと楽しそうに飛んでくれました。

できることならこんな鳥のように自由自在に飛ぶまで極めてみたいですね!
終わったときは、少し身体が重いような感じがしましたが、家族みんなテンションが高く楽しい思い出が出来ました。

帰りに、「1回目はここまでできたよ」という証明書をもらえたので、次回はもう一歩先の体験ができるようです!
ぜひ、まだ体験していない方は挑戦してみてくださいね!

おすすめ記事
こちらもスリル満点で楽しいです!森の中でアスレチック
女子に人気のお土産が見つかる!雑貨ならフライングタイガーへ
日本では超高価な健康バターが安い!!ぜひドイツのお土産に

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。