ドイツでサウナ体験、若い男女に人気のトロピカルアイランドの混浴サウナってどんな感じ?

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

若者に大人気のドイツ・トロピカルアイランドの男女混浴サウナでリラックス!!

今日はいつものと違い、リゾート施設内にある男女混浴サウナを紹介したいと思います。

ここはリゾート施設としても超一流ですが、サウナ施設としてもすばらしく、泳いで疲れたら、ここのサウナで汗を流し、リクライニングチェアでゆっくりうたた寝もできます。

ご家族連れの場合、子供たちはプールで、お父さんお母さんは交代でサウナでくつろぐなんてことも可能です。

さて、ドイツ・トロピカルアイランドの男女混浴サウナですが、けっこう面積は広く、けっこう混み合う時期でもそこまで混み合っている印象はなく、快適に過ごせると思います。

しかし、もちろんこのエリアでは水着着用はできず、バスローブか裸になります。別に裸でいても変な目で見る人もいないですし、ジロジロ見る人もいないので構える必要はないと思います。行こうかどうか迷ったら是非行ってみてください。

そこにはいろんなタイプのサウナがそろっており、いろんな温度や湿度、香りが楽しめるようになっています。

トロピカルアイランドのサウナの種類は??

サウナのエリアが6種類あります。

Alcantara Canyon

Jungle Village

Angkor Wat

Waiotapu

Elephanta Temple

Asia Haus

となっており、それぞれに特徴的なサウナがいくつかあります。

例えば、高温サウナや、低温サウナ、それからスチームサウナ、ジャグジーゾーンなど、オーソドックスなものも多いですが、中でも、メディテーションサウナは中にタイル張りの椅子があり、そこに座って腰と肩を温めながらリラックスできるようになっており、非常に快適な作りとなっています。

このサウナは、上のAlcantara Canyonのゾーンにあります。もちろん裸で入らなければいけませんが、下に敷くタオルを忘れずに持って入りましょう。

そのほか、アンコールワットゾーンでは、スチームサウナが人気で、近くに足湯もあります。冬は特におすすめです。

そのほかにもトロピカルアイランドって楽しめるの??

トロピカルアイランドは、とても大きな屋内プールリゾートで、真冬でも中は常夏で年中水泳が楽しめます。もちろん、男女混浴サウナも年中利用できます。

そこの男女混浴サウナ以外にも巨大ウォータースライダーや巨大プール、そしてちびっこ用プールもあって子供から大人まで楽しめます。

また、レストランも充実していて、ファストフードはもちろん、アジアンレストランや、一皿9ユーロでおかずを乗せまくれるレストランなど、バリエーションに富んでいます。精算は入場時に貸与されたバンドでスキャンし、トロピカルアイランド退場時に一括精算する仕組みです。

そして、子供が遊べるゲームコーナー、ミニゴルフ、それから遊具も多数あり、プールに飽きたらこっちでも遊べます。

そして、宿泊施設もあるので旅行としてもとても楽しめます。

詳しくはこのブログでも掲載しているので、もしよろしかったら読んでみてください。
(このページの最後に詳しいトロピカルアイランド内の遊び情報のリンクがあります。)

トロピカルアイランドに持っていくと便利なものは何??

トロピカルアイランド内では基本的には何でもそろいますが、これだけは絶対に持っていったほうがいいものは

「ビーチサンダル」

です。これは必須アイテムです。

中は広すぎるので、裸足で移動するのはちょっとしんどいかもしれません。

ちょっとゴツゴツしたところや、トイレの前など裸足ではちょっと抵抗ありますよね。

なので、サンダルは絶対に外せません。

そして、プールサイドには必ず「バスタオル」か「バスローブ」寒い時に羽織れるものを持っていった方がいいですね。

最初は寒くないと思っていても、プールから上がったあとはけっこう寒いのです。

とりあえず体を拭いておくというだけでもかなり体感温度は違いますので、タオルはプールサイドの荷物の中に入れておきましょう!

トロピカルアイランドの男女混浴サウナでの注意点

トロピカルアイランドの男女混浴サウナゾーンはカメラの持ち込みが禁止されています。

入口は分かりやすくカメラ禁止マークがあり、回転式ゲートがあります。

そこにリストバンドをかざしてゲートをくぐると、独特の雰囲気に変わります。
そこからは水着は脱いでバスタオルかバスローブを羽織るか、裸での移動になります。裸の人たちは多いので恥ずかしがらないで大丈夫だと思います。

そして、サウナゾーンの至る所にリクライニングチェアなどがありみんなそこで寝たり読書したりしているので、あまり騒がないほうがいいです。

また、必要以上にジロジロ見るのもマナー違反なのでそのあたりにも気をつけたいですね。(マナー違反をするとどうなるかまではわかりませんが・・)

そして、繰り返しになりますが、男女混浴サウナ内では水着着用禁止で裸で入るようにしましょう。

そして、汗を床に垂らせないように大きめのバスタオルを敷いてその上に座るか寝そべってサウナを楽しみましょう。

トロピカルアイランドまではどうやっていけばいい??

ドイツ在住の方であれば断然車が便利です。さらにナビがあればとても楽に行けると思います。

また、旅行者の方にとっては、レンタカーが使えれば楽ですが、いきなり左ハンドルの右側通行の道路をまったく土地勘のないところを運転するのはなかなかハードルが高いですよね。

そこで、簡単な行き方ですが、電車がいいと思います。ベルリンからだったら、ベルリン中央駅から電車で約1時間乗り、トロピカルアイランドの最寄り駅のブランド「Brand(Niederlausitz)」で下車します。

下車後はトロピカルアイランドのシャトルバスでの移動となりますが、けっこうな頻度で往復しているのでそんなに待つ必要はないと思いますが、冬場は少しつらいかもしれません・・・。
ちなみに、シャトルバスはジャングルっぽいデザインで、「Tropical Island」と書かれています。けっこう特徴のあるデザインなので、すぐにわかると思います。

トロピカルアイランドの感想

トロピカルアイランドはとにかくおもしろいアミューズメントパークで、とても1日じゃ物足りないと思います。

お父さんお母さんもリラックスできるところが多数ありますし、子供たちも遊ぶところがとってもたくさん備えてあります。

そこで私の感想ですが、帰るときには「もっと早く来ておけばよかったなぁ~」って思ってしまいます。

それから、帰るときにはいつも「来てよかったぁ~」という気分になります。

日本の施設と違って、あまりすし詰め状態とならないところが最大の魅力の一つかもしれませんね。

とにかく、観光でドイツを訪れた方にもおすすめできるスポットです。

スポンサーリンク

まとめ

ドイツの男女混浴サウナは日本にはない空間で、いい旅の思い出の一つとして残ると思います。

日本ではおそらく経験できないようなところなので、一度行かれてみてはいかがでしょうか。特にトロピカルアイランドは変な人が入ってこないように入口でセキュリティチェックも実施しているので安心ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。