ドイツ・ベルリン旅行!レゴランドディスカバリーセンターで楽しもう!!行き方は!?

この記事は2分で読めます

こんにちは。今日もベルリンの魅力について紹介していきたいと思いますが、東京・大阪にある「レゴランドディスカバリーセンター」ってご存知ですか?実は、ドイツ・ベルリンにもレゴランドディスカバリーセンターはあるんです!東京のものとは少し違うかもしれませんが、ベルリンに行かれたときはぜひお子様と一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?ちなみに2017年4月に名古屋に「レゴランド」がオープンするので、日本ではレゴブームが起こりそうですね。もちろん行き方も紹介いたします。

スポンサーリンク

レゴランドディスカバリーセンターって何?

レゴランドディスカバリーセンターは、簡単にいうと、レゴブロックで遊んだり、レゴ関連のキャラクターの4Dシネマを見たり、豊富な品揃えのレゴブロックを買ったり、レゴで作られたミニチュアワールドを楽しんだりと、子供から大人まで楽しめる屋内アミューズメントパークです。さらにベルリンの場合、アトラクションが2つあり、子供たちにとって本当に楽しい空間だと思います。もちろん、東京・大阪にもあるので、日本国内でもレゴランドディスカバリーセンターを楽しめますね。このレゴランドディスカバリーセンターでレゴの雰囲気を味わってから名古屋のレゴランドジャパンに行くと楽しさが倍増するかもしれませんね。

レゴランドディスカバリーセンターで遊ぶ

ここでいくつか子供が遊べるコーナーを紹介したいと思います。

まず、レゴブロックで遊ぶスペースには、自分がレゴで作った車を坂道コースで実際に走らせてタイムを競うコーナーもあり、かなりおもしろいです。私も子供たちと一緒に行ったのですが、子供と一緒にベストタイムを出せるレゴマシン作成に集中していました(笑)。部品はたくさんあるので、なくなることはないと思います。コースについては何種類かあり、それぞれタイマーがついているので、それぞれのコースで記録を出して遊ぶのも楽しいですよ。コースについては、最後がジャンプ台となっており、うまくジャンプしてゴールしたときは結構うれしいです。

そして、ミニチュアワールドに関しては、ベルリンの場合はベルリン市内がレゴブロックで再現されており、ある意味、ベルリン観光がこのベルリンのレゴディスカバリーセンターでできます(笑)。特にすごいのが、実際にレゴで作ったミニチュアバスや電車が走っていたりするので、一見の価値ありです。私がとても感動したのが、ベルリンの壁が崩壊するシーンをレゴブロックで表現していたところです。実際に壁の一部が「パタッ」と倒れて歓声があがります。ベルリンならではのこのシーンは、ベルリンのレゴランドディスカバリーセンターで見れますよ。

次に、4Dシネマですが、ここではレゴのキャラクターの映画が上映されます。だいたい3~4種類くらいのアニメが4Dで見れます。ここでおもしろいのが、3Dメガネをかけて画像が立体に見え、さらに実際に風や水しぶきがきたりと、リアリティを感じさせる演出がなされているので、子供たちは大はしゃぎです(←ちなみに大はしゃぎしている大人もけっこういました。)。

そして、レゴブロックで作られた映画キャラクターたちのコーナーです。ここには映画ハリーポッターやスターウォーズのキャラクターたちが実際にレゴブロックで作られて展示されています(等身大以上?)。かなり似ているのでこれもまたすごいです。

そのほか、レゴの楽しみ方を教えてくれるレゴ教室のようなコーナー、飲食コーナー、レゴシティの展示コーナーなど、まだまだたくさんあります。さらにレゴの種類が豊富なショップもあるので、買い物も楽しめます。ベルリンへ行く際は、レゴランドディスカバリーセンターも予定に入れてみてはいかがでしょうか?

行き方は?

とても簡単です。「Zoologischer Garten」から「200番」のバスに乗り、「Varian-Fry-Str」で下車すると、道路の向こう側にレゴで作られた巨大なキリンが立っています。そこが目印です。ぜひお立ち寄りくださいませ。ちなみに「Zoologischer Garten」へのベルリンテーゲル空港からの行き方ですが、空港から「X9」というバスに乗れば20分前後で到着します。ホテルをそのあたりで予約されればとても便利ですね。バスチケットは車内でも買えます。

スポンサーリンク

チケットはオンラインがお得!!

チケット購入は事前にオンラインで買っておく方がお得ですよ。現地で買うと18.5ユーロですが、オンラインだと11ユーロで買えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。