【必見】ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方と行く前の準備!

この記事は3分で読めます

冬のドイツといえば、クリスマスマーケットと言ってもいいぐらい有名ですよね。今日はそんなクリスマスマーケットの魅力について、ドイツ在住経験のある管理人が失敗したことも含めてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ドイツのクリスマスマーケットで準備しておきたいこと

money

まずクリスマスマーケットへ行く前にいくつかチェックをしておきましょう。

なぜなら、とにかく寒いからです。

特に夜は冷え込みが厳しい日もあるので要注意です。

暖かい服装

日本の冬とは違って長時間外にいると体の芯から凍えてくるのがドイツの冬の寒さです。

防寒対策は当たり前と思っているかもしれませんが、「これでもか!」っていうぐらいでちょうどいいと思います。

例えば、二重靴下は当たり前で、パッチのようなものをはくのもお忘れのないように。

冬用の靴

日本で日常履く靴をそのまま履いていくと、けっこう厳しくなってくると思います。

特に夜のクリスマスマーケットは本当に底冷えするので足先から冷えてきて、だんだんつま先が痛くなってきます。

普通のスニーカーで、さらに夜までクリスマスマーケットで長時間過ごされる方は冬用のブーツのようなものを履いていくことをおすすめします。

マフラー

これは言われなくてもつける人が多いと思うので、わざわざ書くまでもないかもしれません。

一応書いておきます。

手袋

これも当たり前の話ですが、断然、手袋があったほうがいいです。

しかも、できれば厚手のもの。

なぜなら、ドイツの冬ははっっきり言って読めません。急に氷点下になったりすることはザラにあるので。

耳当て、フード付きジャンバー、ニット帽など

日本でもしている方は多いと思いますが、ドイツの冬の夜はほぼ確実に必要です。

特に子供連れの方は持たせてあげてください。

暖かいところに入ったときに頭がふらふらすることもあるので。

マスクはしない!!

日本の冬では当たり前のアイテムになっていますが、ドイツではなるべくしないようにしたほうが無難です。

なぜかというと、ドイツではマスクはよっぽどのことがない限りはマスクはしないので、もし、していたら周りがちょっと警戒します・・・。

そして、マスクをしていると諸外国の方々から日本人だと思われます。やはり世界から見ると、日本人はお金をいっぱい持っていると思われているので要注意です。

小銭や10ユーロ札を持っておく

クリスマスマーケットではほとんどのところでカードは使えません

ほとんど現金でしか買い物はできないですが、かといって、100ユーロ札や50ユーロ札はお店の人からいやがられます。

なので、50セントコイン、1ユーロコイン、2ユーロコイン、それから、5ユーロ札や10ユーロ札を持っているととても使い勝手がいいので、用意しとくと便利です。

腹巻き

クリスマスマーケットだからって浮かれてばかりじゃダメです。

なんと言っても人混みに行くと、ス○のかっこうの獲物になってしまいます。

特にパスポートをなくすと悲惨です・・。

貴重品は必ず取り出しにくいところに入れておきましょう。

トイレ代(50セント程度)

ドイツでは日本と違って有料のところが多いです。

だいたい50セントのところが多いので、この50セントコインを数枚持っておくと便利ですよ。

やっぱり外は寒いのでトイレが近くなっちゃいますよね。

できるだけ大きなカバンは持っていかない

クリスマスマーケットは場所によっては人混みがすごいので、できるだけ大きなカバンはやめたほうがいいと思います。

何かとコンパクトなカバンの方が便利なので、たくさんおみやげを買う予定がなければできるだけ持っていかないほうが無難です。

ドイツのクリスマスマーケットってどんな感じ??

kurisumasumarket

ドイツのクリスマスマーケットと言えばたくさんのメニューやスイーツで有名ですが、結論から言うと、食べ物自体がメチャクチャおいしいということはありません。

普通においしいという感じです。

いきなり夢を壊すような感じですみませんが、クリスマスマーケットの独特な雰囲気の中で食べたり、飲んだりすることが楽しさなので、雰囲気を味わいながら食事も楽しむということであれば、忘れられない思い出となると思います。

お店に関してはだいたいこんな感じで雰囲気は最高です。

christmasmarket

暖かい食べ物といえば

  • Bratkartoffeln(ブラットカルトッフェルン)ジャガイモ炒め
  • Bratwurst(ブラットブルスト)焼きソーセージ
  • Champignion(シャンピニオン)マッシュルーム炒め

champignion

これはマッシュルーム炒めのにんにくソースかけです。5ユーロでなかなかおいしかったです。

christmasmarket

お店の様子です。おいしそうですよね。

そして、甘いものもあります。

chokobanana

チョコバナナ

christmasmarket

バウムシュトリーツェルン(温かい薄目のパン生地をちくわみたいな形で焼いて砂糖をまぶしたもの)←アツアツはうまし!!

スポンサーリンク

これだけはやめた方がいいお店

暇そうにしている焼きソーセージ屋さん

ここでBratwurst(ブラットブルスト)を買うと、焼き置きのヌルい焼きソーセージが出てきます。

はっきり言ってヌルいソーセージ全然うまくないです・・・

どうせ食べるならアツアツが食べたいですもんね。

それから、これだけ言っておいてなんですが、

Bratwurst(ブラットブルスト)はどこでも食べられますし、おまけにクリスマスマーケットではBratwurst(ブラットブルスト)は少し割高なので、できれば、他のところで食べられたほうがいいかなって思います。

いかがでしたでしょうか??

クリスマスマーケットを楽しむためにはまずは服装を万全にして、持ち物も安全なところに持つことが大事ですよ。

それから、とにかく雰囲気を味わってくださいね。

自分は今ヨーロッパに来て、クリスマスマーケットを楽しんでいるんだ!

って思うことが一番大事です。

楽しい思い出作ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。