ドイツで買うべきものはこれ!美魔女になるための必須成分はケイ素だった!

この記事は5分で読めます

私自身、かなりの健康オタクでもあり、様々なサプリも試して来ましたが、先日見つけたドイツのケイ素!

飲んだ翌日から肌がなんだか違う!

いつもと違ってもちもちする~とかなり衝撃的だったので、今日はその「ケイ素」のサプリ「silicea」について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

セレブも大注目のケイ素っていったい何?

日本ではまだまだ一般的には知られていない「ケイ素」!

でも、実は、セレブといわれる

  • ミランダ・カーや
  • キャメロン・ディアス、
  • パリス・ヒルトン、

それに、

  • 浜崎あゆみさんや
  • 高橋愛さん

なんかも愛飲している「ケイ素」は、人間の髪の毛・爪・血管・骨・関節・細胞壁など身体全体に含まれる、健康や肌の再生、維持に様々な手助けしている重要な万能の栄養素なのです!

あなたは毎日、食べ物やサプリメントなどから色んな栄養素を摂っているかと思いますが、そんな栄養も実はケイ素が不足していれば、せっかく摂った栄養素も体外へ排出されてしまうのです(T_T)/~~~

そんな人間にとってなくてはならない「ケイ素」は現代社会ではなかなか食べ物から取り入れるのは難しく、年齢と共に不足していきます。

そして、その「ケイ素」は色々な栄養素を吸収させる手助けをしているので、ケイ素がが不足すると、栄養素を吸収できなくなってくるため、記憶力が落ちたり、爪がわれやすくなったり、皮膚のたるみ抜け毛など様々な危険信号が現れ、血管の健康、免疫力が低下し、色々な症状が表れてくるのです。

  • 最近、肌がたるんできた
  • 白髪が増えてきた
  • 抜け毛が気になる
  • 記憶力が衰えてきた

などなどの症状があるなら、もしかしたらケイ素不足の可能性があります!

私自身、ケイ素を飲み、ケイ素を溶かした液を肌に塗った翌日から肌の質が変わりましたよ!

もし、心当たりがあるなら一度試してみるといいですね!

そして、口コミでは、やはり私と同じように効果があると言われている方がたくさんいます。

そんな口コミの一部を紹介したいと思います。

飲み始めて3日目で朝、顔を洗うときに肌がツルツルになってる気がしました。
九州ですが、放射能の心配もありますので子供達と一緒に飲んでいます。
最近爪も弱くなったなと思っていたので、放射能の心配をしつつ、健康管理もプラスにできていい感じです。
無味無臭ですが、舌触りが残る感じですが、私はアクエリアスに溶かして飲んでいます。
容器がいまいち使いづらい。
ジェル状で、少し使いづらい感じです。かかとの古くなったった厚い皮膚に直接塗ると、柔らかくなり落ちやすくなります。そのままでは乾燥しやすいのでクリームが必要です。綺麗になります。
皮膚炎、美容に効果あり。ケイ素水サプリの中ではかなり安い。
全身の皮膚炎の治療のために購入しました。
MSMとケイ素を摂取すると、皮膚のコラーゲン産生、抗炎症、細胞修復などの効果があるとのことで、MSMと併用してます。

ケイ素は水溶性の方が吸収率が良いそうで、水溶性ケイ素は、「UMO」が有名ですが、2万円ぐらいして、とても高いです。
他にもサプリを併用したり、治療用入浴剤など、既に治療費が嵩んでいたので、さらに2万は出せない…と悩んでいたところ、こちらの商品に出会いました。

ドイツの老舗の健康食品会社の商品で、無添加
他社の水溶性ケイ素商品に比べたら、かなり安いので助かります。

【 効果 】
2週間ほどで明らかな効果を感じ、皮膚炎の赤身やかさつきが軽減しました。
また、肌にハリが出て、持ち上がりました。思っていた以上の効果です。

その後、ビタミンCの大量摂取も併用したところ、さらに肌に弾力が出て、透明感も増し保湿力が上がりました。
MSMと水溶性ケイ素だけでも十分効果を感じましたが、皮膚炎や美容に悩んでいる方には、ビタミンC大量摂取も併用するのをおすすめします。
こんなに効果を感じたサプリは初めてです。

信頼できるサプリメントだと思います
日本のサプリメントは”薬”ではないので効能を記すことができず非常に曖昧な言葉で表記されていて何を選べば良いのかわかりません。
裏を返せば効果がなくても販売されている如何わしい物もありますので信頼できるサプリメントを探すのは大変難しい状況です。
珪素使用にあたり関連書物を3冊ほど読みました。
その中で、サプリメントの考え方や基準がドイツでは世界で最も厳しくWHOの定める医薬品製造工程の基準を守り、臨床試験によって医学的な裏付けをすることが義務付けられていると言うことを知りました。
まさに、「医薬品に準ずる」ものとして認められているものがドイツでのサプリメントです。
ドイツ製の珪素を探していたら偶然この「Silicea」にたどり着きました。
世界一厳しい基準を「レホルム基準」と言うそうですが、この商品には「レホルム製品」と明記されていたので迷わず購入いたしました。
家内がメインで野菜の浸け置き洗いや調理全てに使用しています。
私はUMOと併用して珈琲やピュアウォーターに添加して飲用しています。
準医薬品としてミトコンドリア活性を期待しています。
☆-1は飲用して間もないことと容器からの出しにくさです。毎回、振って出さないときれいに出てこないという点でしょうか。

こちらはネガティブな意見。

使用して10日ぐらいで効果はまだわかりません。味はほとんどなく無味無臭でケイ素を摂取するにもやすい方なのかと思い今回購入しました。がサラサラした液状じゃなく口にザラザラ感が残るのと半分以下の量になって取りにくくなり最後まできれいに衛生的に使いきれるのかが心配。

効果が分からないという否定的な意見もありますが、若くてケイ素が十分足りている場合はあまり効果が感じられない可能性もあるのかなと思いました。

容器から出す前に十分に振って付属のスプーンに出して、私的にはジュースやヨーグルトに入れると飲みやすいですよ。

ケイ素の商品はたくさんあるけど、なぜドイツのケイ素「silicea」がいいの?

環境を大切にしている先進国として知られているドイツは、自然療法の分野でもかなり研究が進んでいます。

そんな中で最も権威あるドイツ・ノイホルム協会は厳しい安全基準と、きちんとした科学的根拠があるものだけしか審査に合格しないのです!

そんな審査に合格しているドイツのケイ素「silicea」はサプリメントの領域を脱した医療品レベルの健康食品なのです。

そして、さらにドイツ人は倹約家でもあるので、科学的根拠がないものにはお金を使いません!そんなドイツ人にも愛され続け、ドイツだけでも年間約200万本も販売されています。

ケイ素の入っている商品は他にもたくさんありますが、保存料や安定剤を含まないケイ酸ゲルを製造することができるのは世界的にみてもヒュプナー社だけ。

以前「ケイ素」は「おもいっきりテレビ」で取り上げられました!

「ケイ素」の重要性は以前「おもいっきりテレビ」で取り上げられ、シミ、シワ、そして体温調整機能を低下するのを予防する効果があると言われていました。

今は低体温の方が増えてきているので、ケイ素を積極的にとって体温アップ、抵抗力の強い体を作りたいものですね!

ちなみに「おもいっきりテレビ」では食前に”ラッキョ”を1粒食べて、ケイ素を吸収しましょうと言われていましたが、私的には”ラッキョ”は苦手です(笑)

そんな私みたいな方はサプリで取ることができるのでいいですよ。

ドイツで購入するならドイツでチェーン展開するドラッグストア「dm」に置いてあります。

私自身はいつも「dm」で購入していますが、「silicea」は有名なので、他のドラッグや薬局などにも置いてあるかもしれません。ぜひ発見した時は試してみてくださいね!

やっぱりドイツで購入したほうが安いですが、日本でも楽天やアマゾンで購入できますよ。

お試しサイズの200mlは日本のアマゾンで1000円台で買えちゃうので、お手軽に試すことができますね。


シリシア オリジナル バルサム Original silicea Balsam 200ml

もっとケイ素について詳しく知りたいなら


ケイ素の力 「驚異のミネラル」に注目!美肌から生活習慣病まですごい効果/山野井昇【1000円以上送料無料】

追記!

日本向けに作られたシリシア500mlは楽天やアマゾンなどで8424円で販売されていますが、下記サイトにはドイツから個人輸入されたシリシアが日本語説明付きで4700円+配送料で購入できるようですよ♪

3000円も安く購入できるなんてうれしいですね!

ドイツのシリシアを日本で安く手に入れる方法!

まとめ

今日はドイツのケイ素「silicea(シリシア)」についてお話しましたが、少しは興味を持っていただけましたか?

人間の土台となる重要な栄養素”ケイ素”

もし、あなたの何らかの不調がケイ素不足からくるものだとしたら、この「silicea(シリシア)」との出会いがあなたの人生を変えるほどの威力を発揮してくれるでしょう!

スポンサーリンク

関連記事はこちら

【厳選】ドイツのお土産、おすすめ人気の15選!おみやげショップよりも喜ばれる物って!?
ドイツ、お土産のおすすめ!BIOスーパーで買える究極のバターがここにあり!!その正体とは!?
ドイツ、お土産のおすすめ!ヒルナンデスでも紹介された楽しい雑貨屋さん!フライングタイガー♪
ドイツ観光おすすめスポット45選!食べ物、おススメ都市や注意まで!
海外旅行の度に豪華な食事がタダになってしまう方法とは!?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。