ドイツもスリ対策は必要です!!スリ対策グッズのおすすめ紹介します!

この記事は3分で読めます

ドイツは比較的、安全ではありますが、地域によってはかなり危ないと感じる場所も実際にあります。
それに、やはり観光地では日本人観光客を狙ったスリや、ニセ警官などの被害もあるようなので十分な対策が必要です。
今日は、そんな海外に行く時におススメのスリ対策グッズを紹介したいと思います!

パスポートを無くしたら何をしなければいけないの?

パスポートをなくすと大変だという話はよく知っているのですが、意外に実際どんなことをしなければいけないのかってわからなかったりしますよね。

そんな私も、始めは”パスポートを無くした時の大変さ”を知らずにいましたが、やはりその大変さを知ると「面倒だから、ちょっとだけカバンに入れておこう」なんて雑な扱いは怖くてできなくなりました(;´・ω・)

だから、まずはパスポートのなくした時の手続き方法を簡単に話しますね。

パスポートを無くした場合、まず最初にすることは、現地の警察に届け出ます。

そして、警察で発行された書類を持って、今度は日本大使館か領事館へ向かいます。

そして、大使館や領事館で、パスポートを無くしたときの手続きをします。

それには、写真もいるので、今度は写真屋さんにも行かないといけないですよね。

そのうえ、再発行の手続きをしたからと言って、すぐにもらえることはありません。

また後日その再発行してもらったパスポートを取りにいかないといけないんですね。

手続きの方法によっては、1日~1週間かかることもあるので、もし帰りの飛行機に間に合わなければ、帰りの飛行機をキャンセルして、ホテル宿泊になりますね。

もしも、パスポートと一緒にクレジットカードも無くした場合は、国際電話をかけてクレジットカードを止める手続きもしなくてはいけません。

スリ対策と外貨がお得になる方法はこちら

おまけに、財布もないとなると、もう悲惨です。友達がいれば、その友達に借りることができますが、旅行を台無しにしてしまった罪悪感と友達の怒りとで関係が悪化することは避けられないかもしれません。

そんな、恐ろしい事態を避けるために、やはりスリ対策のためのグッズは準備していきましょう。

パスポートはどこにいれるのがいい?

パスポートはやはり、スリ対策用のポーチがおススメです。

私の場合は 薄手のズボンの中に隠せる下記のようなポーチを選びましたが、やっぱり肌にピッタリとくっつけて置けることはかなりの安心に繋がります。


【お買い物マラソン ポイント20倍 9/26(水)01:59まで】超薄型 ウェストポーチ RFIDブロッキング素材 旅行中の貴重品を守る、ウエストポーチです 伸縮ベルト 超軽量 ウォーキング ランニングポーチ 海外旅行 スキミング防止 犯罪対策 送料無料

そして、カバンにいたっては、私的にはリュックサックの背面ポーチが付いたようなものがいいかなと思います!その中でも背中の所に密着するように背面のポーチが付いたものがいいと思います。
特に、世界ふしぎ発見で世界中を旅した竹内海南江さんがデザインしたリュック分別もしやすくいいですよね!

ドイツでは有名なジャックウルフスキンのリュックは整理整頓がしやすく、軽いのにも関わらず丈夫でおすすめです。うちの主人も愛用しています。

【15%OFFセール】ジャックウルフスキン Jack Wolfskin!リュック ロックデール24パック バックパック 大容量 【HIKING/MULTIFUNCTION/ハイキング/マルチファンクション】 [ROCKDALE 24 Pack] 2004361 メンズ レディース 送料無料 カバン ラッピング

スリに会いやすい場所は?

観光客がのるバスや電車が多く、有名な観光地では、男性は女性が気を引いているうちにスリにあうなんてこともよく聞きます。特に日本人は警戒心が弱いので日本人観光客を狙ったスリも多いのです。

まとめ

たくさんのお金と時間をかけて楽しみにしていた旅行を台無しにしないために、十分な対策をして、旅行を思いっきり満喫してくださいね!

関連記事はこちら

外貨は空港で替えよう♪と思っているあなたの損失は意外に大きい!両替手数料を大きく節約できるカードはこれ!
ドイツ観光おすすめスポット45選!食べ物、おススメ都市や注意まで!
【厳選】ドイツのお土産、おすすめ人気の15選!おみやげショップよりも喜ばれる物って!?
ドイツで買うべきものはこれ!美魔女になるための必須成分はケイ素だった!

振込手数料は出来れば払いたくない!月一回以上タダになる絶対お得な口座を紹介
#ドイツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。